外資系の取引先が賃貸オフィスを新宿を中心に探してました

外資系企業の東京オフィス開設

外資系企業の東京オフィス開設 / 東京は賃貸が高い / 東京でのオフィス開設の苦労

会社の取引先で外資系の会社が東京でオフィスを開きたいとの相談があり、その会社のマネージャーに来日して貰い賃貸オフィスを探すことになり、その担当を上司から依頼されました。
直ぐに来日していたマネージャーと打合せを行い、オフィスの場所と広さそして金額を決めてから大手不動産会社の担当者に合い、こちらの条件を提示しました。
場所は港区と新宿区と渋谷区で広さはワンフロアー1,500�u以上で賃料は1�uで20,000円以内の条件と、なるべく早くオフィスを開きたいとの要望で期限6ヵ月以内としましたが、直ぐに希望に合う物件を見つけることは出来ませんでした。
一番の理由は1フロアーのオフィスを探していることで300�u〜500�uのビルは多数有りましたが、外資系会社のこだわりで、多数のフロアーに分けて仕事をすることが出来ないとの強い要望が有りました。
分けても、ミーティングルームと社員用のカフェで仕事をするスペースのワンフロアーは絶対に譲れないとのことで担当の不動産会社も努力して探しましたが、条件に合う賃貸オフィスは2ヶ月経っても見つけることは出来ずにいました。

新宿の賃貸事務所 : 西新宿の賃貸オフィス。全物件仲介料無料のofficee